☎ 0263-38-7175

草取り後の腰下肢痛


暑い日が続き夏ばてぎみですが

雑草は容赦なく伸びます

当然見て見ぬふりをする訳にいかず

草取りとをします

椅子の生活に身体が慣らされている為

腰を最大限に折る事は日常生活では

ほぼありません

しゃがみ込む姿勢を持続的にすると

仙腸関節の緊張をまねき

腰下肢痛の原因となります

85歳の男性です

2年前の夏 草取りの後から腰下肢痛出現

整形を何軒か回ったが痛みが取れないと来院

仙腸関節の機能を整え施術2回で痛みが消失

それ以降来院なし

今回もやはり草取りの後から腰下肢痛出現

今回は最初から当院に

仙腸関節の機能を整えその場で痛み消失

2週間後にまだ痛みがあれば来て下さいと

伝えたが・・・・

技術的に向上しても

営業成績が伴っていません

 


急性腰痛(ぎっくり腰)


昨日、荷物を持ち上げようと中腰になった途端

ぎっくり腰になったと

板前さんが奥様に付き添われて来院

その日に整形と治療院をはしごするも

症状が変わらず

以前 奥様が当院で一回で良くなったのでと来院

仰向けになれないので横向きのまま

仙腸関節を触診すると案の定

ガッチ ガッチやで状態

以前は針を試みたこともあったが予後が悪いので

現在は手技のみ

爆弾処理班が雷管を抜くがごとく慎重に

(やったことないので想像です)

仙腸関節の緊張を緩めるのですが

重要なのが緩め過ぎない事

この時点で寝返りできるので

反対の仙腸関節も緩め

終了です

ベットから起きていただくと

「あれっ腰が伸びる」と一言

滞在時間20分

急性腰痛はさらっとです


手を作る


郵便物やネットで手技療法に関するDVDやセミナー案内が来ますが

全く興味がありません

DVDを購入した事も有りましたが

今は購入する気にすらなりません

当院の手技は仙腸関節の調整をメインにしていますが

患者さんのご要望に答えられない時は

他の手技を模索するのでなく

現在行っている手技が

至らないからと考えます

健康保険を扱っていた時から10年以上

来院される全ての患者さんの骨盤を触らさせて頂きました

手首が痛いのに此処の先生はなぜ骨盤を触るのかしらと

けげんな顔をされた方もおられました

皆、同じ肢位にて骨盤の同部位に触れると10人いれば10人共

骨盤の形状が違っています

数多くの骨盤に触れることで

その骨盤に適応する手が作られ

施術効果が向上します

ただひたすら触れば良いのです

道が開けます

何の説明もなくただ骨盤を触られたと

お思いの皆様申し訳ございませんでした

無駄にはしません

勝までは

(深い意味は有りませんが語呂が

よいので入れてみました)


ダンパー


ダンパーって知っていますか

ダンプカーに乗る人でしょ

違います

ダンスパーティー依存の人ですか?

違うって

年中ダウンパーカー羽織っている人ですか?

いい加減にしなさい

衝撃を弱めたり振動が伝わるのを止めたりする

緩衝器のことです

自動車ではショックアブソーバーと言います

鉄道車両や大型重機にもダンパーは必ず装着されています

人間にもダンパーの役目をする箇所が有ります

仙腸関節です

ショックアブソーバーの故障した自動車を想像しても

ドライブする気にはなりません

(よっぽどの事が無い限り今の車はショックアブソーバーが壊れることは

 ありません)

人間も仙腸関節の不具合があると

いたるところに負担がかかり障害の原因となります

仙腸関節の点検と整備のご用命は

仙骨整復師のいる

当院にお任せください

*仙骨整復師は当院のみの名称です

    他の院で使用しても、相手にされません