☎ 0263-38-7175

物は試し


なっ 何

 

腰が痛くて坐骨神経痛

 

膝も痛くて肩も凝ると

 

申すのか

 

ならば四の五の言わず

 

セタン健康法

 

受けてみるがよい

 

IMG_2049IMG_2051

 

 

 

 

 

 

 

どうじゃ

 

楽になったであろう

 

 

それでいのじゃ


当院の決意


健康寿命延伸都市宣言の

 

街に対して

 

何が出来るのか

 

当院の

 

答えは

 

 

IMG_2047[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

「セタン健康法」

 

 

 

これで

 

 

 

いいのだ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 


診断権


診断をする行為を認められているのは

法的には医師のみです

診断を受けている病名を

医師以外の物が否定するのは医師法に抵触します

 

当院で良く耳にする診断名は

腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症による

坐骨神経痛

 

ですが

患者さんに直接伝えませんが

本物のヘルニアや狭窄症による

痛みや痺れなのか

判断しなければなりません

判断とは画像診断でヘルニアや狭窄症が確認されても

本当の原因なのか

判断です

 

当院で施術を受ければ良くなるのか

どれ位の頻度で どの位の期間通院すれば

良くなるのか

プロとして施術を請け負う以上は

説明する義務が生じます

 

本物のヘルニアや狭窄症による症状は

施術期間が長くなりますし

改善しない場合も有ります

 

当院の判断基準

・徒手検査法(具体的方法はこんど)

・坐骨神経根の脱落症状の有無

・膀胱や直腸障害の有無

など総合的に判断します

 

 

1~2回の当院の施術で

坐骨神経痛が良くなった方は

贋作神経痛ですよ~

 

独り言です。

 

 

 

 


腰痛と高血圧


今朝(13日)のヤフーニュースによると

降圧薬の副作用により

横紋筋融解症を18人が発症し

お二人の方が劇症肝炎により

お亡くなりになったとのことです

 

高血圧症の内

原因の特定ができる高血圧を二次性高血圧症といい10%位

残りの90%は本態性高血圧症と言って

はっきりした原因は特定できないけど

遺伝因子 ストレス 塩分の取り過ぎ

アルコール タバコ 肥満 運動不足

などが関係していると言われています

 

腰痛の85%も非特異的腰痛といって

やはりはっきりした原因は特定できません

なぜ医療は日進月歩の進化を遂げていても

身近な症状の原因が特定出来ないのでしょうか

 

身体が部分的に緊張した状態にあっても

それを知り得る検査機器は有りません

治療院やマッサージ院などは触って凝っているか判断するのが

関の山でしょう

 

身体が部分的に緊張していれば

血管は収縮し血流が悪くなります

発動機のポンプは流れが悪いとトルクを上げ

流そうとします(音が低くなる)

同様にポンプである心臓も流れが悪ければ

圧を上げて流そうとする宿命に有るのです

 

当然 新鮮な酸素を含んだ血液が不足している箇所は

新陳代謝が低下し痛みを出すでしょう

つまり

元をだだせば腰痛も高血圧も

身体の部分的緊張による血流障害が原因の

可能性が有ります

 

では対処法はどうしたら良いでしょうか

緊張している箇所をマッサージや鍼灸など

 

でもこの緊張は脳が作っているとしたら

再発しますよね

 

そこで当院のお勧めは

IMG_1746

 

 

 

 

 

 

 

 

肘の内側にセタンローラーです

難しい理屈は抜きで

ただひたすらセタンローラーをするのです

(只管セタン)

 

腰痛 高血圧の改善

しいては心筋梗塞 脳梗塞の予防です

 

当院のかかげる

健康寿命延伸に貢献です


「天・地・人治療」


鍼灸学校でお世話になった木戸先生の著書

 

IMG_1949[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

天・地・人治療  木戸正雄 著

医歯薬出版株式会社

 

木戸先生は鍼灸学校で教鞭をとる傍ら

臨床現場の経験豊富な先生です

 

「天・地・人治療」を簡単に説明すると

宇宙をはじめ神羅万象は「天・地・人」の三才思想によって

成り立っいます

当然 人体もこれにあてはまります

IMG_1951[1]

 

 

 

 

 

 

人体を「天・地・人」にあてはめます

どの部位でも「天・地・人」に投影できます

例えば腰痛

腰は「人」と「地」の境です

これを前腕に投影します

肘関節から手関節までの前腕を三分割します

肘関節 手関節のどちらを「天」にしてもかまいません

そして前腕の「人」と「地」の境に該当する部位

(硬結や知覚異常が有る場合が多い)を

 

セタンローラーやスティックによる施術をします

急性の腰痛はこれで改善が多くみられます

当然 術前 術後の客観的評価をする

検査法が必要です

「天・地・人治療」とセタン療法は

とても相性が良いのです

 

木戸先生に感謝です。