☎ 0263-38-7175

主訴は違えど施術方針は同じ


9月に初めてお見えになった男性2人

主訴は全く異なりますが

施術方針は同じです。

お一人の方

主訴は両膝の痛みで屈伸が困難

スポーツをしていたので体格はしっかりしている

数年前に内視鏡による手術を受けている

家業の関係で中腰の姿勢が多かった

 

お二人目

一年数か月の間しゃっくりが止まらない

二軒の総合病院で出来うる限りの検査をしたが

特に異常は見当たらないとのこと

 

このお二人の共通点は

頭 背骨 仙骨が緊張していることです。

 

身体的負荷や精神的緊張によるものです。

 

この緊張は画像診断では捉えることは出来ません。

当然施術方針はこの緊張を解くことに主眼を置きます。

お二人とも予後良好とのことです。


眉間


困った時

怒った時

悲しい時

人は眉間に皺をよせます

感情がストレートに現れ易い部位ですね

でも

頻繁に眉間に皺をそせていると

体全体の緊張に波及していくかもしれません

慢性痛のきっかけは自分では解けない緊張に

由来する痛みです

慢性痛でお悩みの方

眉間も含むセタンローラーによる、施術をお試し下さい。

パソコントラブルの為

メールが受信できません。

電話でお問い合わせ下さい。


お灸


前回の続きになりますが

特に心当たりの無い膝の痛みとしましょう

相当変形が進行した痛みでなければ

セタンローラーによる

蝶形骨と仙骨のアプローチで

痛みや可動域の改善が可能です

でも

ご高齢の方の中には施術満足度が

必ずしも高くない方や

実際には改善していても実感出来ない方もいます

それは

痛みの出ている患部には直接施術をしていない為です

当院は膝にかかる緊張が緩解し可動域の改善をみて

時間の経過と共に改善する確証があっても

今一つ施術満足度が低そうな方には

患部付近のツボに台座灸をします

鶴頂 両膝眼 陰陵泉 陽陵泉 梁丘 血海の内

三か所です。

施術満足度が向上すること請け合いです。


続蝶形骨


明らかな外傷や原因のはっきりしている痛み以外の

特に心当たりの無い痛みの多くは

精神的及び肉体的な緊張から始まる痛みです

例えば

膝に痛みが出たとしても、早期の段階であれば

蝶形骨のアプローチのみで痛みの緩解が可能です

なぜそのようなこと可能なのか

蝶形骨のアプローチは

高次レベルで緊張をつくっている中枢にアクセスができるからです

緊張を制御する司令塔にアクセスすることで

緊張を和らげることが可能です。

特に心当たりはないが痛みが出だした方は

お気軽にどうぞお問い合わせください。


蝶形骨


前回のブログで触れた蝶形骨です。

頭部こめかみ部分の骨です。

重要な骨ですが

検索した情報を転載しても意味がないので

当院独自に臨床で得た知見だけを記載します。

セタンロラーで蝶形骨にアプローチをしますが

蝶形骨は敏感なポイントなので

広範囲の刺激は控えます。

ですのでピンポイントに軽いストロークの刺激をします。

どちらかといえばピンポイントに鍼を打つような感じです。

ポイント部位は蝶形骨の上部

前頭骨、頭頂骨 側頭骨が蝶形骨と接する

ブテリオンとよばれる付近をセタンロラーで探って

強く痛みを発するポイントですが

大体硬結が存在します。

術前の検査と比較して

体全体に変化が出たら蝶形骨のアプローチを終了します。

蝶形骨のアプローチは多くの主訴に

応用が可能であると感じています。