☎ 0263-38-7175

静と動を合わせ持つ


 

おはようございます。

 

あがたの森公園もすっかり秋の装いです。

 

 

前衛ピン施術師の草間です。

 

 

前回のブログで触れました

 

尺骨茎状突起を接触する施術です。

 

 

尺骨茎状突起に神経を集中して

 

患者さんの脊髄液の動きを感じ取ります。

 

勢い リズム サイクルなど

 

部位を変えてこれらが整うまでタッチします。

 

患者さんとの会話はありません。

 

静の施術です。

 

 

 

前々回のブログで触れた

 

腱のみにセタンローラーをする施術は

 

患者さんの協力が必要です。

 

ローラーが通過した際に痛みが出現する

 

ポイントを教えて頂きます。

 

腱の中でも痛みが有るポイントは

 

糸の様な感触です。

 

こちらは動の施術となりますね。

 

 

症例です。

 

70代の常連の患者さんです。

 

とある集まりがあり

 

座敷で両足を投げ出した状態で

 

一時間少し座っていた。

 

その夜から、寝かえりをするたびに

 

太ももの外側に痛みが出て

 

目が覚めてしまうとのこと。

 

5グラムタッチの施術で全体の緊張を解き

 

痛みが出ている側の

 

大転子付近(太ももの付け根外側の盛り上がっている所)

 

にセタンローラーをすると

 

「ハイ そこが痛いです」とおっしゃる

 

糸状の組織を確認

 

痛みが変わるまでしばらくセタンローラーをして

 

ベット上で寝かえりの動作をしても

 

痛くないことを確認して終了としました。

 

実際に痛みが出ている所は施術はしていません。

 

 

当院のみのオリジナル施術です。

 

患部のみの施術で変化がない方は

 

是非参考にしてくださいね。

 

 

当院の願いは

 

貴方の健康寿命延伸パートナーで

 

ありたいのです。

 

 

セタンローラー健康法

 

脳幹アプローチ法

 

 


気・血・水


 

おはようございます。

 

自分が受けたいと思うような

 

施術を心がけています

 

前衛ピン施術師の草間です。

 

 

漢方では古くから

 

気・血・水の滞りが

 

病を招くと考えられていましたね。

 

 

1930年代に入り

 

アメリカでは脳脊髄液は循環しており

 

脳脊髄液の循環が滞ることで

 

様々な不調が起こると考えられ

 

施術法が考案されてきました。

 

 

1970年代に入ると

 

硬膜が独自に動いている事が確認され

 

硬膜の動きが制限されることで

 

脳脊髄液の循環を妨げて

 

様々な不調につながると考えられ

 

施術法が開発されてきました。

 

 

クラニオ・セイクラセラピー(頭蓋仙骨療法)の

 

歴史は案外浅いのです。

 

 

アイデア次第では

 

新たな施術法が開発されても

 

不思議ではないですね。

 

絶対条件となるのは、安全性の確保です。

 

中枢神経系は文字通り、大事な所であるため

 

防御システムが綿密に構築されています。

 

過剰な刺激はかえって、不調を招きます。

 

 

当院は、尺骨茎状突起だけを

 

極軽いタッチで接触する施術法を考案しました。

 

これによって、脊髄液の循環を整える事が

 

可能となりました。

 

 

成人体重の60%は水分です。

 

硬膜の動きが、体液の循環と深く関わっています。

 

体液の循環が悪いと老廃物の排せつが滞り

 

体内に蓄積することで

 

様々な不調の原因となりえます。

 

血と水の循環が整うと、気の循環も整うのです。

 

最高のデトックスと言えますね。

 

 

 

内臓には特に問題はないが

 

顔や足がむくむ

 

太ももが腫れぼったい

 

膝に水が貯まりやすい

 

坐骨神経痛の様な痛みを感じる

 

肩がこる 頭痛がする

 

疲れやすい

 

お腹が張る

 

この様な症状でお困りの方

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

当院の願いは

 

貴方の健康寿命延伸パートナーで

 

ありたいのです。

 

セタンローラー健康法

 

脳幹アプローチ法

 

 


セタンローラーの特性


 

こんにちは

 

このところ

 

月日が立つのを

 

異様に早く感ずる

 

前衛ピン施術師の草間です。

 

 

セタンローラーは施術に用いていますが

 

検査器具でもあります。

 

腱と靭帯組織も繊維状組織の集合体です。

 

筋から腱に移行する部位や

 

腱が骨に付着する部位に

 

腱を横切るようにセタンローラーをすると

 

極一部の組織のみに、強く痛みを発する事があります。

 

何本か有る繊維状組織の一部だけが

 

痛みを感じています。

 

何十本もある糸束の数本だけが

 

痛みを発してると思ってください。

 

この感覚は徒手の触診では触知できません。

 

小ぶりのローラーでとらえることが可能です。

 

 

 

こんなイメージです

 

 

 

この痛み発している組織に

 

しばらくセタンローラーをしていると

 

関連する筋が緩んできます。

 

 

重要な施術ポイントであることは

 

間違いありません。

 

 

当院の願いは

 

貴方の健康寿命延伸パートナーで

 

ありたいのです。

 

セタンローラー健康法

 

脳幹アプローチ法

 

 


なぜ膝を病むのか


こんにちは

 

エアコンもストーブも使わない時期は

 

短いと感じるている

 

前衛ピン施術師の草間です。

 

 

人はなぜ膝を病むのか

 

 

 

体液の代謝と非常に関連しています。

 

成人体重の60%は水分とされています。

 

水は絶えず循環して、新しく入れ替わっています。

 

小川の水も流れないと澱んでしまいますね。

 

生体の体液も循環することで

 

絶えず新しい水分を補給しています。

 

体液循環を制御しているのは

 

頭蓋部から仙骨部までの硬膜です。

 

硬膜が動くことで体液圧を調整しています。

 

この調整がスムーズにいかなくなる事があります。

 

・過度のストレス

・過去のトラウマ

・再三に渡る怒り

・過去の頭部外傷

 

これらの原因によって

 

頭蓋骨が固く締まってしまい

 

硬膜の動きに制限が及ぶと

 

体全体の体液循環に影響が及びます。

 

 

初期の症状を感じるのが

 

大腿部から膝関節にかけての症状です。

 

内臓にも徐々に負担がかかるでしょう。

(体液の循環が悪くても直ぐには

 内臓に及ばない仕組み構築されていると

 思われます)

 

ですので

 

大腿部から膝に違和感を感じたら

 

頭蓋部の緊張を解くことで

 

硬膜の動きを正常化します。

 

 

 

頭頂部のファーストタッチの印象で

 

固く締まっているか判断出来ます。

 

 

膝に症状が出ても時間経過が少なければ

 

膝には一切触れずに症状が改善します。

 

 

 

当院の願いは

 

貴方の健康寿命延伸パートナーで

 

ありたいのです。

 

セタンローラー健康法

 

脳幹アプローチ法

 

 


持続性底屈運動


 

おはようございます。

 

二か月前が恋しい

 

前衛ピン施術師の草間です。

 

 

当院が度々指摘させて頂いている

 

持続性掌握運動時における

 

体性・自律神経反射による

 

下腿筋の血管収縮に伴う血流低下

 

 

実は

 

反対のパターンもあるのです

 

足関節の持続性底屈運動です。

 

 

典型的なパターン

 

右の上腕部から肩甲骨にかけ

 

痺れや痛みが出現している

 

 

問診で

 

フォ―クリフトを長時間運転をしている

 

又は過去にしていた事があった。

 

足関節の底屈運動は下腿三頭筋の

 

持続的収縮運動です。

 

下腿三頭筋に蓄積した代謝産物が

 

求心性神経線維を介して延髄に達し

 

上肢帯の筋交感神経活動が促進することで

 

上肢帯の血流低下が起こっています。

 

頭痛 肩こり 手や腕の痺れ痛みなど出現

 

 

 

検査と施術

 

下肢挙上検査は陽性

 

セタンローラーで下腿三頭筋から

 

アキレス腱移行部をローラーすると

 

筋膜が張り付いた様な感覚と

 

強い痛みが出現

 

その後5グラムタッチの施術により

 

脊髄液の循環を整えることで

 

老廃物の排せつを促す。

 

 

たまたまフォ―クリフトの運転でしたが

 

 

ピアノ演奏 ペダルを踏む機械操作

 

長時間の車運転など

 

持続的に足首を下げている方は

 

参考にしてください。

 

セルフケアはお風呂で温めて

 

その日の疲れを残さない事です。

 

 

 

当院の願いは

 

貴方の健康寿命延伸パートナーで

 

ありたいのです。

 

セタンローラー健康法

 

脳幹アプローチ法