☎ 0263-38-7175

責務


あがたの森治療院です。

自分が行っている施術を検証するのは

施術者として当然の責務です。

現在、当院が行っている施術のキーワードは

・C線維

・ポリモーダル受容器

・神経成長因子(NGF)

・感作 脱感作

・遅発性筋痛

・痛覚過敏

日本東洋医学雑誌 教育講演 水村和枝先生より

来年が良い年でありますように




不活性化


あがたの森治療院です。

今までの店舗は、長男が使うことになったので

あがたの森治療院は、キャパを縮小し営業してます。

看板が出ていないので、電話で確認して下さいね。

活性化しているツボの正体は

危険を察知した侵害受容器が脳に信号(痛み)を送り

警報を鳴らしている状態とするならば

何故、ピンポイントの信号を発している侵害受容器に

鍼を打つと痛みが緩和するのか

当院の回答は

侵害受容器のスイッチをオフにするから

生体は、内燃機関と電気信号で成り立っていますから

(ハイブリッドなのです)

末梢の電気信号を止めるには、

ショートさせるのが手っ取り早いのです。


素朴な疑問として

警報を鳴らしている侵害受容器のスイッチを

勝手に切っても良いのかと思いますよね

当院の見解は、骨折 炎症 内臓関連痛でない

運動器からの侵害受容器のスイッチは切っても

差し支えないと考えます。

それまでの動作によって最も負荷のかかった

侵害受容器が反応するので

たとえ数か所の侵害受容器のスイッチを切ったとしても

無数に存在する防御システムに影響はしません。



お知らせ


あがたの森治療院です。

あがたの森治療院は、松本市埋橋2-4-8に

移転致しました。

駐車場と電話番号は変わりません。

よろしくお願いいたします。