☎ 0263-38-7175

仮説


本年もよろしくお願いいたします。

あがたの森治療院です。

 

ポリモーダル受容器と鍼灸について

検索した結果と

当院が実際に行っている施術法から

とある仮説に行き着きました、

 

「閾値が低下している(痛みに敏感)

ポリモーダル受容器は凹状である」

 

ポリモーダル受容器と鍼灸による鎮痛効果については

検索すれば、いくらでも調べられます。

 

当院の仮説は閾値が低下したポリモーダル受容器の

見つけ方です。

セタンローラーの施術において

患者さんが「痛い所が良く分かりますね」と

おっしゃる事があります。

一定の力でセタンローラーをしていると

セタンローラーが自然に止まるからです。

それは

痛みを強く発しているポイントは

凹状になっているから自然とセタンローラーが止まるのです。

 

これらを考慮して

「閾値の低下している(痛みに敏感)

 ポリモーダル受容器は凹状である」

との仮説に至りました。

仮説を検証したい方お待ちしております。