☎ 0263-38-7175

坐骨神経痛もどき


以前に癌もどき論争ってありましたね。

臀部から大腿部、下腿部に及ぶ痛みが続くと、素人判断でも坐骨神経痛かと思いますよね。

実は坐骨神経痛にも本物の坐骨神経痛と坐骨神経痛もどきが有ります。

高度の医学知識をお持ちの先生は知っていても教えてくれません。

なぜでしょうか。

単純に説明がめんどうだ。

説明をしている時間がもったいない。

違いを説明してもやることは一緒だ。

坐骨神経痛にしておいた方が儲かる。

色々あると思います。

では、違いはなにでしょうか。

坐骨神経は腰椎や仙椎から出ています。神経の根っこ部分で 器質的に神経を障害している原因があれば、

坐骨神経痛を誘発する可能性は有ります。

しかし厄介なのは、画像診断によるヘルニアや脊柱管狭窄症が有っても、必ずしも症状が出る訳で無いことです。

鑑別は痛みの出ている部位や神経の脱落症状によって鑑別します。

例えば、つま先立ち歩行は困難だ。足の親指を上に反らす力が出ない等。

では坐骨神経痛もどきの原因はなにでしょうか。

大体想像はつきますよね。 そうです、仙腸関節(骨盤)の機能異常です。又出てきましたね。

機能異常に伴う関連痛という考え方です。

仙腸関節の機能異常は徒手検査で判断出来ます。

調整により、症状の軽減、消失が可能ですが 変化の無い場合は本物の坐骨神経痛の可能性があり、

施術と診断を兼ねています。因みに、MRI一回の検査費用は、当院の施術費、数十人分に相当します。

下世話な話しですいません。


コメントは受け付けていません。