☎ 0263-38-7175

無菌性関節炎(非化膿性関節炎)

当院は、難治性の腰下肢痛は仙腸関節の無菌性関節炎(非化膿性関節炎)を疑います。

関節炎と言っても無菌性の場合は著明な発赤、腫脹を認めない場合が多く臨床経験が必要です。

以下、仙腸関節の無菌性関節炎を疑う症状です。

 

・痛みが出てから時間が経過している(年単位)。

・投薬治療を始め色々な治療を試みるも改善しない。

・強い刺激の施術を受けていた。

・何となく骨盤が熱っぽい。

・骨盤で押すと痛い所が有る。

・痛みの出る場所が移動する(腰 臀部 股関節 大腿部 膝等)

・歩行痛が有る。

 

などです。

施術は最小限の刺激で骨盤機能を整え、局所(仙腸関節)の血流促進をはかります。

骨盤機能が正常化し、血流促進により炎症は鎮まり痛みが軽減していきます。

長い事、痛みでお悩みの方、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

お問い合わせバナー